想像もしていなかった脳出血に。脳卒中のなかに脳出血はふくまれるといいます。  

脳出血!ある日突然に スマイル通販オンラインショッピングモールカテゴリ 健康・ダイエット・介護

脳出血!ある日突然に > 始まりは救急病院

 始まりは救急病院

救急車で救急病院に!
 救急病院では
救急車で救急病院に向かっている時は記憶がありましたが、着いた頃の記憶はありません。
家族によると、嘔吐し唸っていたそうです。
家族は、お医者さんから説明を受けたそうです。
脳出血だということ、視床出血があり手術ができない場所であるということをいわれたそうです。
(.....そうです。ばかりですが、自分では分からないことなのでお許し下さい。)
いつ目覚めたのか、はっきり日にちは覚えていません。
当日だったのか?翌日だったのか?分かりませんでした。
後に家族に聞いたところ、当日に目を覚ましたようです。

自分の家の電話番号や郵便番号も直ぐには、思い出せませんでした。
頭は働いているようなのですが、言葉が上手く出てきません。
もしかしたら、これが失語症なのかもしれないなあと思いましたが、ほどなくして言葉が出てくるようになってきました。
身体のほうは、半身不随の状態となっていました。
車いす入院生活です。
救急病院には約1ヶ月しか入院することができないので、次のリハビリ病院を探しました。 (法律により定まっているそうです。)

病状が軽く1ヶ月の入院で家に帰れる方は、退院していきました。 そしてリハビリ施設へ通うというお話でした。
私は、1ヶ月では到底退院して帰宅する状態にはなりませんでした。
聞こえなかった右耳がある日突然、聞えるようになったことが最大の出来事でした。
 カテゴリのその他の商品
リハビリ病院 /  リハビリ施設 /  現在の状態 /  運転免許証 /  私の作った作品たち /  住宅改良工事 /  入手した物

Copyright (C) 2006 脳出血!ある日突然に, All rights reserved.