想像もしていなかった脳出血に。   

脳出血!ある日突然に スマイル通販オンラインショッピングモールカテゴリ 健康・ダイエット・介護

脳出血!ある日突然に > リハビリ施設

 リハビリ施設

私の脳出血闘病記です。
 リハビリ施設2-2
要介護1となったことから元の施設に戻りました。
以前通っていた人もたくさん残っていましたが、他所に移った人もいて懐か
しいかったり寂しくなったりでした。
定員が増えたため、時間内に帰られるように施設出発の時刻が早くなり
ました。

主な活動としてはラジオ体操・転倒予防体操・上肢・下肢体操をし、午後
にはカレンダー制作・習字・手芸等の作業療法とラジオ体操等の運動療法
を行っています。
月に1度生花教室があり(真夏は花持ちが悪いので休みます)毎回楽しみ
です。
 リハビリ施設2
要介護1から要支援2になったことから、今までの施設は要介護のみ受け入れる
施設のため通えなくなりました。
別の施設に移りました。
今までの施設はリハビリが専門の理学療法士や作業療法士の先生がおられる
施設であり、新しい施設は本部におられる療法士の方が数カ所担当して回って
おりました。
そして障害・症状が比較的軽い方が多いように感じました。
この施設も送迎車がありました。
1年後介護認定更新があり要介護1となったことから元の施設に戻りました。

 リハビリ施設1
リハビリ病院退院後、 リハビリ施設に通うことにしました。
ある病院が経営するリハビリ施設で比較的新しい施設に、週に2回通うことになり
ました。
1階に通所の施設があり、2〜4階には宿泊の施設となっています。
1階の施設ですが、月〜金曜まで開いていますが私は毎日通うのではなく、週に
2回というのが良いと思いました。

送り迎えをしてもらえることも助かっています。 (家族に送迎してもらう人も
います。)
比較的時間の流れがゆったりしています。 詰め込みではないということですね。
私は焦って無理をすることなくリハビリを続けようと思っています。
(かといってサボってしまうのも良くありませんが…。)

この施設での1日の流れは、次のようになっています。
午前10時前までには次々と迎えのバスで施設に集合してきます。
午前中は主に体操の後、ボール体操又はセラバンド体操
(1週間交代で行われます。)
午後はグループで行う運動活動・作業活動・音楽活動のいずれか
1つ。
そして個人のリハビリを行います。
昼食とおやつがでます。希望すれば午前か午後に入浴もできます。
自分だけの目標を設定することもできます。
私は、使えなくなった右手を使えるように字を書くなどの訓練もしています。
この施設は午後4時頃から順に送迎バスで帰宅することになります。

1日ではなく半日(昼食後)に帰る人もいます。
 現在の状態3
倒れて丸8年。病気記念日がまたやってきました。
倒れてから2ヶ月後から始まったしびれが、まだまだ続いています。

激しいしびれとツッパリ感は相変わらずで、
起きている限り24時間続きます。

手の震えも強く、悲しいことに字も書けなくなりました。

 現在の状態2
倒れて丸4年。病気記念日がやってきました。
倒れてから2ヶ月後から始まったしびれが、まだまだ続いています。

激しいしびれは相変わらずで、
その上、手足のツッパリ感も出て二重苦です。
つえを使ってゆっくり歩けていたのに、今はやっと歩いている状態。
歩ける距離も当初の4分の一ほどになってしまいました。

ツッパリ感が出たためか膝が上手く使えなくなり装具の必要が出てきました。
装具はいったん全額負担して、後で7割還付してもらえました。
健康保険組合へ様々な書類とともに申請し、還付してもらいましたが、
国保の方は、市町村役場へ申請するようです。

リハビリ施設の定員が増えて送迎の時間が掛かるため、
帰宅開始時刻が30分早くなりました。

 現在の状態
現在、倒れてから2ヶ月後から始まったしびれが、まだまだ続いています。
いや、むしろ強まっているといったほうが正しいほどです。
激しいしびれと冷凍庫に入ったような冷たさ、想像を絶します。
この激しいしびれはいつまで続くのでしょうか?

倒れて1年。病気記念日がやってきました。
嬉しくない記念日です。

倒れて1年6ヶ月。
まだまだ激しいしびれは続いています。
当初は体の中の方からしびれていたものが、だんだん表面に
移っているように感じます。
また冷たいだけの感覚が、冷たい感覚と熱い感覚が交互に現れる
ようになりました。
私の場合、視床に出血がありしびれが強いであろうといわれておりました。
 
 カテゴリのその他の商品
始まりは救急病院 /  リハビリ病院 /  現在の状態 /  運転免許証 /  私の作った作品たち /  住宅改良工事 /  入手した物

Copyright (C) 2006 脳出血!ある日突然に, All rights reserved.